【看護学生向】GCS-グラスゴーコーマスケール-意識状態の評価





お勉強大好きナース、毒茄子です。

勉強用コーナーは看護学生、医療系学生向けにお送りします。

「手元に教科書がないけどちょっと検索して見たい情報がある」
「レポートにまとめるときに参照したい」

といったときに教材・ノート代わりに活用して頂けるものを目指しています。

※スマートフォンからの方へ。表が横長のため、見づらいときは横向きにすると見やすくなります。

今回は、学生時代にJCSに比べて出番は少ないけど国試には出る・・・「GCS(グラスゴーコーマスケール)」です。

 

GCS(グラスゴーコーマスケール)

開眼(E) [Eye Opening] 
4 自発的に
3 呼びかけにより
2 疼痛により
1 開眼せず
発語(V) [Best Verbal Response] 
5 指南力良好
4 会話混乱
3 言語混乱
2 理解不明な声
1 発語せず
運動機能(M) [Best Moter Response]
6 命令に従う
5 疼痛部認識可能
4 逃避反射
3 異常な屈曲反応
2 伸展反応
1 まったく動かない

 

評価方法

開眼・発語・運動機能の各項目の点数を合計する

※最低は3点、最高は15点、点数が小さいほど重症。

 

必要時、患者の状態を付加

T: 気管挿管、気管切開
A: 失語症
E: 眼瞼浮腫

 

GCSのポイント

・世界的に通用する評価法
・3側面の総和で評価するため、やや複雑。1項目でも判定が困難な場合は意味をなさない。
・亜急性期~慢性期の患者で有用。

 

 

 

 

~毒茄子どっとこむがリニューアル&パワーアップします~