【看護学生向】精神/精神遅滞:知能指数(IQ)分類、症状、治療





お勉強大好きナース、毒茄子です。

勉強用コーナーは看護学生、医療系学生向けにお送りします。

「手元に教科書がないけどちょっと検索して見たい情報がある」
「レポートにまとめるときに参照したい」

といったときに教材・ノート代わりに活用して頂けるものを目指しています。

※スマートフォンからの方へ。表が横長のため、見づらいときは横向きにすると見やすくなります。

今回は「精神遅滞」について。

 

精神遅滞とは:概要/定義

・精神遅滞とは、知能の発達が遅れ、最終的に到達する知的能力も低い水準にとどまる障害を意味する

 

精神遅滞における〈知的野力〉とは『言語機能』『思考能力』『対人関係の能力』『社会的能力(社会性)』が統合されたもの。

さらに『情緒の発達遅延』『身体機能の発達遅延』『運動機能の発達遅延』を含むこともある。

 

原因

現在、成因により3つの領域に分類するのが一般的である。

①生理的成因 遺伝的素因が認められることもあるが、そのほかの病理的な成因が見いだされないもの。精神遅滞の大半がここに含まれる。
②病理的成因  ・遺伝子病(結節硬化、フェニルケトン脳症、ガラクトース血症など)
・染色体異常(ダウン症候群など)
・先天脳奇形(小頭症、水頭症など)
・内分泌障害(先天性甲状腺機能低下症など)
・胎生期から出生後までの感染症(風疹、トキソプラズマ、梅毒などの胎内感染、細菌・ウイルスによる脳炎、髄膜炎)
・中毒
・脳外傷
・出生時の低酸素状態
③心理社会的成因 ・乳幼児期の養育環境の極端な貧困などが疑われるもの

 

知能指数の水準による分類

分類 IQ
①軽度精神遅滞 50~70
②中等度精神遅滞 35~49
③重度精神遅滞 20~34
④最重度精神遅滞 20未満

 

状態・症状

・精神遅滞の子どもは、ある面では非常に敏感で、脆弱な心身をもっているとされる。 ストレスにさらされると様々な反応を示す。
・衝動的な問題行動(家出、放浪、性的逸脱行動など)
・引きこもり
・自傷行為
・他者への乱暴
・躁鬱状態
・統合失調症様の幻覚妄想状態

※上記の症状は、軽度精神遅滞から境界知能(IQ:71~84)にかけての子どもに多い。 また、思春期~青年期にかけて生じやすい。

 

知能指数分類による症状(到達段階)

重度/最重度精神遅滞 ・他者との言語的交流がきわめて限られている
・情緒的に早期幼児期の段階にとどまる
・生活の自律が不完全であり、多くの介助が必要
軽度精神遅滞 ・言語発達・情緒発達が小学校年代の水準に達する
・幼児期からのトレーニングと適切な社会的援助により、社会的な自立も可能
中等度精神遅滞 ・重度/軽度の中間の状態像や精神発達の到達段階を示す

 

治療

・【療育指導/治療教育】が中心となる

<幼児期~>
現在、各種の相談所(児童相談所、言葉の相談室など)、療育センター、通園施設などが、
幼児期からの精神遅滞児のための療育指導や発達促進的トレーニングにあたっている。

<学齢期~ >
・軽度精神遅滞の場合...普通学級か特殊学級での教育
・重度/最重度の場合...養護学校における治療教育
・問題行動や、別の精神症状の出現などが目立つ場合、薬物療法などの治療が検討される