【看護学生向】老年期:高齢者の身体的・精神的・社会的特徴まとめ





お勉強大好きナース、毒茄子です。

勉強用コーナーは看護学生、医療系学生向けにお送りします。

「手元に教科書がないけどちょっと検索して見たい情報がある」
「レポートにまとめるときに参照したい」

といったときに教材・ノート代わりに活用して頂けるものを目指しています。

※スマートフォンからの方へ。表が横長のため、見づらいときは横向きにすると見やすくなります。

今回は【高齢者の身体的・心理的・社会的特徴】について。

 

高齢者の身体的特徴

①筋力 上肢に比べ下肢の筋力が低下しやすい。
歩幅が小さくなり、すり足歩行。
前傾姿勢で上肢の振りは小さい。
②平衡性 立ち直り反応の低下、重心動揺の増大により、平衡感覚が衰える。
③持久力 予備能力の低下、回復力の低下により、持久力が低下する。
④全身協調性 視覚、平衡性、筋力の低下により、体全体をうまく動かす機能が低下。
⑤視覚 水晶体の調整力の低下による老視。
水晶体の混濁による白内障。
暗順応の低下。
視野狭窄。
⑥聴覚 高音域の聴力の低下。
老人性難聴(主に感音性難聴)。
⑦味覚 塩味を感じにくくなる。
⑧嗅覚 味覚よりも加齢の影響を受けやすく、低下する。
⑨皮膚感覚 温度覚、触覚、痛覚等の皮膚感覚が低下。
⑩骨 加齢による骨量減少による骨粗鬆症。
特に女性では閉経によるエストロゲン減少により骨量減少が進行。

 

高齢者の心理的特徴

・想像力、理解力、洞察力、判断力は保持されるが、記銘力、想起力は低下しやすい。
・知的能力の低下は個人差が大きい。
・心理的に不安・失望感・孤独感を抱きやすい。
・環境の変化に対する適応力が低下する。

 

高齢者の社会的特徴

・社会的役割の変化(仕事の引退、親役割の終了、孫の誕生など)
・喪失体験(親族、友人との死別など)
・経済力の低下