【看護学生向】褥婦:子宮収縮・悪露の経日変化、測定方法、観察





お勉強大好きナース、毒茄子です。

勉強用コーナーは看護学生、医療系学生向けにお送りします。

「手元に教科書がないけどちょっと検索して見たい情報がある」
「レポートにまとめるときに参照したい」

といったときに教材・ノート代わりに活用して頂けるものを目指しています。

※スマートフォンからの方へ。表が横長のため、見づらいときは横向きにすると見やすくなります。

 

産後の子宮収縮

・胎児・胎盤娩出後、子宮復古に伴い、子宮底の位置が経時的に変化する。
・胎盤娩出後、子宮底は臍下2~3横指の位置にあるが、弛緩した骨盤底筋群の回復と膀胱の充満により、徐々に上昇する。
・分娩12時間後には、一時臍高まで達するが、その後は徐々に下降し、産褥6~8週目で非妊時の子宮の大きさに戻る。
・産褥2週間を経過しても腹壁上から子宮底を蝕知できる場合や、産褥6週で子宮の大きさが鶏卵大以上であれば、子宮復古不全を考える。

 

経過時間 子宮底の高さ 子宮底長
1)分娩直後 臍下2~3横指 11cm
2)分娩後12時間 臍高(右に傾く) 15cm
3)産褥1~2日目 臍下1~2横指 12cm
4)産褥3日目 臍下3横指 10cm
5)産褥5日目 臍高~恥骨結合上縁の中央 9cm
6)産褥7日目 恥骨結合上縁
7)産褥10日目以降 腹壁上から触れない

 

悪露の変化

時間の経過 量(グラム) 性状
分娩時 100~300 赤色
分娩~2時間 70~100
産褥0日 100~200
産褥1日 50~100
産褥2日 30~40
産褥3~4日 20~30 褐色
産褥5~6日 10
産褥7~13日 10
産褥14日~ 少々
産褥2~3週間 黄色
産褥4~6週間 白色 ~消失
総計 300~700

 

 

産褥  2、3日 1週頃 2、3週 4週頃 6週頃
子宮体部  形状          
重さ 約1,000g 約500g 約300g 約100g 約70g
子宮頸部
(外子宮口) 
2指分開いている 1指分開いている 閉鎖
悪露  赤色・血液成分が多く含まれる 褐色・ヘモグロビンが変性し、褐色を呈する 淡黄色・血液成分は減少し、白血球が主体となる 白色・白血球は減少し、子宮腺分泌が主体となる 消失

 

 

 

 

~毒茄子どっとこむがリニューアル&パワーアップします~