【看護学生向】小児:新生児の機能的・形態的・生理的特徴まとめ





お勉強大好きナース、毒茄子です。

勉強用コーナーは看護学生、医療系学生向けにお送りします。

「手元に教科書がないけどちょっと検索して見たい情報がある」
「レポートにまとめるときに参照したい」

といったときに教材・ノート代わりに活用して頂けるものを目指しています。

※スマートフォンからの方へ。表が横長のため、見づらいときは横向きにすると見やすくなります。

今回は【新生児の形態と機能の特徴】について。

 

新生児の形態的特徴 ~身長、体重、頭囲、胸囲~

身長 男児 49.1 cm
女児 48.6 cm
体重 男児 3,040 g
女児 2,960 g
頭囲 男児 33.5 cm
女児 33.0 cm
胸囲 男児 32.6 cm
女児 32.1 cm

(頭囲>胸囲)

※基準値、標準値は文献により異なります。ご参考までに。

 

新生児の機能的特徴 ~呼吸、循環、体温~

正常値 特徴
呼吸 40~50回/分 ・肺のガス交換面積が小さい → 呼吸不全に陥りやすい
・気道が細く柔らかい → 気道閉塞が起こりやすい
・強制的鼻呼吸 → 口で呼吸できないため、鼻閉に注意
・腹式呼吸
・呼吸調整機能が未発達 → 呼吸中枢が未熟、無呼吸になりやすい
・サーファクタント産生能が未熟
循環 *心拍数
出生直後150~180回/分
以後、120~150回/分
・出生後、第1呼吸と共に初めて肺循環が開始される
・心拍数が多いのは、心筋の機能が未熟であるため。
心拍数の増加によって全身への酸素供給を行っている。
・胸郭に比して心臓が大きいため、心音の聴取は、第3~4肋骨間鎖骨
中線のやや外側で聞こえる。
・生後48時間以内では、60~80%の新生児で心雑音が聞かれる
*血圧
収縮期 60~80mmHg
拡張期 30~50mmHg
体温 腋窩温 36.5~37.5℃ ・体温を一定に保つことが困難
→体重に比べて体表面積が大きい、皮下脂肪が薄いため
・熱喪失のメカニズム
①輻射:皮膚から周囲の環境へ熱が移動
②対流:皮膚に接する外気温と気流の流れによる熱喪失
③伝導:皮膚表面で温かいものから冷たいものへと熱が伝わる
④蒸発:不感蒸泄・湿潤した皮膚からの蒸発

 

新生児の生理的特徴

基準・正常値 特徴
消化・吸収 *必要エネルギー
120 kcal/kg/日*必要な水分
生後3~4日…100ml
生後7~8日…150~180ml

*血糖値
40~50mg/dl

・吸啜・嚥下反射は、在胎35週以降より出現
・胃の湾曲がなく、噴門括約筋の発達が未熟 → 吐乳しやすい
・胃の容量 30~40ml
・母乳などの摂取物は、1~3時間胃内に停滞した後に腸へ移行
・胎内では無菌であった腸内は、12時間以内に腸内細菌叢が出現
・食物の摂取ごとに蠕動運動が起こり、約8時間で便となって排泄
・初回排便は通常、生後24時間以内
代謝・排泄 *尿量
生後12~24時間…
0.5ml/体重(kg)/時間*尿比重
1.001~1.021(低張尿)
・新生児の総体内水分量は成人より約20%多い
・細胞内液 < 細胞外液
・Na、Cl値が高く、K、Mg、リン酸値は低い
・水分の代謝速度は速いが、腎機能が未熟。
→有機酸やClの排泄が十分行われず、アシドーシスに陥りやすい。
・尿の濃縮能が未熟なため、体液バランスが崩れ脱水になりやすい
・初回排尿は通常、生後24時間以内