【看護学生向】母性看護/分娩期の看護:テスト対策、まとめノート





忙しい看護学生さんの勉強を少しでも楽にしたい!事前学習・実習・国家試験対策に役立つ情報を増やしたい!そんな毒茄子です。

毒茄子のお勉強部屋では、

「手元に教科書がないけどちょっと検索して見たい情報がある」
「レポートにまとめるときに参照したい」

といったときに教材・ノート代わりに活用して頂けるものを目指しています。

今回は母性看護の【分娩期の看護】要点まとめです。

 

分娩期の看護

*産痛緩和のための身体的ケア

・タッチング/マッサージ/圧迫法/指圧
緊張している部位にタッチすることにより、産婦にその情報を伝え、リラクセーションを促す。
・温罨法
血液循環がよくなることによる筋緊張の緩和や、疼痛に対する感受性の低下
による効果
・冷罨法
感受性の低下、麻痺による求心性神経の刺激伝達を遅延させることによる効果
・温水の利用
血液循環の促進により筋緊張を緩和させる。
足浴、シャワー浴、入浴などで温水を利用させる。
・アロマテラピー
・情緒的支援
看護師や夫、家族の援助による不安と緊張の軽減

*産婦が自分で行う産痛緩和

・呼吸法
・産痛への注意を呼吸に集中させることにより、産痛を感じにくくなる
・ゆったりとした呼気に集中した呼吸による副交感神経の亢進
・呼吸により筋の緊張が弛緩することによる産痛の緩和
・体位の工夫
・同一体位で過ごすと特定部位の圧迫・緊張から、産痛を強く感じることがある
ため、産婦が自由に楽な体位をとることにより、産痛を緩和させる。
・安楽な体位、自由に動くことにより、産痛を緩和させる
・歩行は分娩進行に有効である
・クッションや分娩椅子、アクティブチェアなどを活用する

*分娩第1期でできる支援

・水分・栄養補給
・分娩は長時間で、多量のエネルギーを消費する。
低血糖による微弱陣痛や、水分摂取不足による脱水など、栄養不足な状態ではさまざまな
リスクがある。
・効率のよいエネルギー摂取として、水分・単糖類・二糖類など消化がよくエネルギーとして
取り込みやすい食品が好ましい。
・産婦の好みなどを優先しながら、少しずつ摂取する。
・あたたかい飲み物(ミルクティー、ココアなど)や、一口大のおにぎり・サンドイッチなどは、
陣痛間欠時に食べやすい。
・陣痛が頻回になると、半流動食などが摂取しやすい。アイス、ゼリー、プリン、チョコレート、
バナナなど、糖分が多く高カロリーなものなどがよい。
・柑橘類や炭酸飲料は、吐き気を誘発することがあるため注意する
・飲み物はストローや吸い飲みなどを用い、産婦が起きあがらなくても飲めるよう配慮する
・排泄
・膀胱・直腸の充満は、胎児の下降を妨げる
・便秘が続いている場合は浣腸を行うこともある(浣腸後の努責に注意)
・自然排尿をできる限り促し、原則3時間ごとの排尿をはかる
・睡眠、休息
・眠りたいときは眠ってもかまわない。
休息をとることにより、疲労が回復し分娩のための体力が保持される。
・入浴、足浴、シャワー浴により、身体の緊張をほぐし全身の血液循環が促進される。

*分娩第1期の活動期(子宮口開大3~7cm)の看護

・子宮口が3cm以上開大すると、陣痛も本格的になり、陣痛間欠4~5分、発作30秒と安定する。
・この時期は、子宮収縮が頻回になり痛みが増強し、食欲の低下や産痛の増強により、自主的に動か
なくなり、セルフケア不足となりやすい。
・胎児心音の聴取は30分に1回行い、進行に伴い15分に1回と頻度を増やしていく。
・仰臥位低血圧症候群の予防のため、仰臥位で30分以上過ごすことは避ける
・呼吸法の確認や、体位変換・リラクセーションのための援助をする
・分娩経過の説明などを行い不安の軽減を図る

*分娩第1期活動期の終盤(子宮口7~8cm以上全開大まで)の看護

・陣痛間欠が2分と頻回になり、子宮収縮が強くなる
・努責感が強くなるが、子宮収縮の頂点で、規則的な浅い呼吸をして力を抜く努力を促す
・痛みや不安・恐怖により、産婦は刺激に過敏になり、努責を制御できなくなり、精神状態が不安定
になりやすい
・子宮口7~8cmになると、経産婦では分娩時刻が予測され、分娩室へ移送となる。
初産婦の場合は、約1時間後に全開大すると予測される。
・この時期は産婦・胎児の観察を継続して行い、産婦の欲求や意思を受け止めながら、
タッチやマッサージ・圧迫によって全身のリラクセーションを図る。
・分娩が進行していることを産婦に伝え、産婦や家族の頑張りを称賛する。
・破水直後や努責のあとには、必ず胎児心音を測定する。

*分娩第2期の看護

・胎児娩出まであと30分~1時間と予測されると、分娩室への移送となる
・分娩室の環境調整、新生児を保温する物品の準備、処置・蘇生機器の準備・点検
・間欠時に冷たいタオルなどで汗を拭く
・発汗を抑えて体熱感を軽減させる目的で、うちわで風を送る
・水分補給を促す
・児の急激な娩出を防ぐために、努責から短速呼吸に切り替えるよう誘導する。
(分娩介助者の指示に合わせ、手を添えて短速呼吸を言葉で誘導するなど)
短速呼吸:小刻みに「ハッハッハッハッ」と息を吐いて、努責を回避する。

*分娩第3~4期の看護

・分娩後2時間は、基本的に安静に過ごす
・分娩直後の子宮底は臍下2~3横指以下となり、子宮がかたく触れる
・産婦は力を抜いて両下肢の膝を立て、開脚にしたままの姿勢でいるよう指示される。
これにより自然な胎盤娩出が促される。
・観察項目は、子宮底の高さ、子宮底の状態、出血状態と出血量の測定、体温、脈拍、血圧など。さらに、後陣痛、縫合部痛、肛門通、悪寒、不快感などの訴えにも留意する。
・水分補給を促し、汗を拭きとり、清潔・保温をはかる
・子宮収縮が不良気味の場合は、子宮底の輪状マッサージや冷罨法を行う。
また、膀胱充満を避けるために、排尿の援助を行う。
・全出血量(分娩中~分娩後2時間までの出血量)が500ml以上になる場合は、異常出血。
ただちに医師に報告する。
・母子対面は、新生児の健康状態や保温に留意し、スキンシップや哺乳など、母親がわが子と
触れ合い交流できる機会となるよう援助する。