【看護学生向】小児母性看護/胎児の発育:テスト対策、まとめノート





忙しい看護学生さんの勉強を少しでも楽にしたい!事前学習・実習・国家試験対策に役立つ情報を増やしたい!そんな毒茄子です。

毒茄子のお勉強部屋では、

「手元に教科書がないけどちょっと検索して見たい情報がある」
「レポートにまとめるときに参照したい」

といったときに教材・ノート代わりに活用して頂けるものを目指しています。

今回は小児・母性看護の【胎児の発育】要点まとめ。

 

胎児の発育まとめ

・受精から着床までは6~7日
・妊娠10週未満の胎児は胎芽と呼ぶ
・胎盤の膜は、母体側から[脱落膜][絨毛膜][羊膜] ・胎盤の形成は7週頃に始まり、完成は15~16週頃である
・早ければ妊娠9週から、遅くても12週頃には、超音波ドップラー法で胎児心音が聴取される
・胎動は妊娠18~20週頃に感知されるようになる
・肺サーファクタントができるのは34週頃