【看護学生向】過活動膀胱:病態生理、症状、原因、治療





忙しい看護学生さんの勉強を少しでも楽にしたい!事前学習・実習に役立つ情報を増やしたい!そんな毒茄子です。

毒茄子のお勉強部屋では、

「手元に教科書がないけどちょっと検索して見たい情報がある」
「レポートにまとめるときに参照したい」

といったときに教材・ノート代わりに活用して頂けるものを目指しています。

今回は【過活動膀胱】について。

 

過活動膀胱とは

尿意切迫感を主症状とし、これに頻尿や切迫性尿失禁を伴う症候群である。

日本では40歳以上の男女の約12%に過活動膀胱の症状があり、高齢になるほど有病率が高くなる。

 

症状

・尿意切迫感を主症状とし、通常は頻尿を伴い、さらに尿意を我慢しきれず切迫性尿失禁を伴うことがある

・外界からの刺激(寒さ、水の音、トイレのドアへの接触など)をきっかけに尿意切迫感が生じやすい

 

治療

薬物療法

・抗コリン薬

 

行動療法

・膀胱訓練
・生活指導(飲水制限、排尿習慣改善など)
・理学療法(骨盤底筋訓練など)

 

分類・検査

正常では尿が貯留しても排尿筋の収縮は抑制されているが、この構造が障害されると不随意に膀胱収縮が起こり尿意切迫感を生じ、過活動膀胱の原因となる。この蓄尿時の不随意収縮は尿流動態検査により確認され、排尿筋過活動とよばれる。

排尿筋過活動を生じる病態として、神経性のものと非神経性のものがある。

 

神経因性 非神経因性
解説 ○神経因性膀胱の1つであり、仙髄より上位の中枢が障害されたときに生じる。
○中枢の排尿制御機構が働かず、尿の貯留により排尿反射が不随意に生じることで排尿筋が収縮する。
○明らかな神経性疾患を特定できないときに診断される。
○原因としては、[膀胱の知覚亢進]や[排尿筋の収縮性亢進]などの膀胱の機能的変化や尿道の知覚亢進が考えられる。
原因 ○脳血管疾患
○パーキンソン病
○多発性硬化症
○脊髄不完全損傷
○下部尿路閉塞(前立腺肥大症など)
○加齢
○骨盤底筋群の脆弱化