【看護学生向】尿失禁:分類、病態、原因まとめ





忙しい看護学生さんの勉強を少しでも楽にしたい!事前学習・実習に役立つ情報を増やしたい!そんな毒茄子です。

毒茄子のお勉強部屋では、

「手元に教科書がないけどちょっと検索して見たい情報がある」
「レポートにまとめるときに参照したい」

といったときに教材・ノート代わりに活用して頂けるものを目指しています。

今回は【尿失禁】の分類まとめです。

 

尿失禁の分類

病態 原因疾患
腹圧性尿失禁 ○骨盤底筋群の弛緩、尿道閉鎖機能の低下により、腹圧上昇時(せき、くしゃみなど)に尿道が閉塞されず少量の尿が漏出する。 ○妊娠、分娩(多い)
○肥満
〇加齢
切迫性尿失禁 ○膀胱に尿が貯留したときに、排尿を抑制する機構が十分に働かず、強い尿意を突然感じ、耐え切れずに尿が流出する。 ○過活動膀胱
○神経因性膀胱(仙髄より上位の中枢神経障害)
○細菌性膀胱炎
溢流性尿失禁
(奇異性尿失禁)
○慢性的な下部尿路通過障害があると、残尿量が大量となる。これにより膀胱内圧が上昇し、尿道閉鎖圧を上回ると少量ずつ尿が漏出する。 ○神経因性膀胱(仙髄または末梢神経障害)
○前立腺肥大症
○高度の尿道狭窄
○低活動膀胱
反射性尿失禁 ○上位中枢と仙髄の間で連絡不全があり、尿意がなく、排尿筋の不随意収縮により尿が流出する。 ○神経因性膀胱(橋~仙髄より上位の脊髄障害)
機能性尿失禁 ○日常生活動作(ADL)の障害により、トイレへの移動や排尿動作ができない ○認知症など
真性尿失禁 ○尿道括約筋の障害により、膀胱から尿が持続的に漏出する